30日間無料!6500万曲以上聴き放題♪ Amazon music unlimited
随時更新中!子育てパパ&ママに役立つお得な情報【まとめ】

子育て中のパパ&ママにおすすめしたい、お得な情報をまとめています。随時更新しているのでチェックしてみてくださいね。

実際に試してみて良かったものばかりです。

随時更新中!おススメお得情報を見てみる ▶
スポンサーリンク

コロナ禍の読み方何と読む?禍が読めないしどういう意味か調べてみた

コロナ禍読み方シェアしたいこと

新型コロナウィルス関連のニュースででよく見かける「コロナ禍」という文字ですが、

「禍」という漢字を今回のニュースで初めて見て、どのように読んだらいいのか

わからなかったので調べてみました。

 

まちゃ
まちゃ

コロナ+「禍」ですから良い意味ではないことはわかりますが・・・

スポンサーリンク

コロナ禍の読み方はコロナ禍(か)

「コロナ禍」ですが、「コロナか」と読みます。

【禍】という文字の読み方は

音読みで「か」

訓読みで「わざわい」「まが」

意味は「わざわい、思いがけない災難、不幸」ということだそうです。

パソコンで、「わざわい」と入力変換すると「災い」「禍」と両方変換できます。

対義語は「福」

今回の場合、

「コロナわざわい」「コロナまが」というのも読みにくいので、

コロナ禍(か)と読むのが正しいと考えられます。

また読みやすさの他にも「禍」という漢字をどのように使うのかを調べてみると

「コロナ禍」を「コロナか」と読むという根拠がわかります。

「禍」の使い方

か(音読み)と使う

 

禍災(かさい)

禍根(かこん)・・・わざわいの起こるもとや原因

交通禍(こうつうか) ・・・交通事故による災難

災禍(さいか) ・・・天災や事故によって受けるわざわい。思いがけない災難。災害。「災禍に遭う」

わざわい(訓読み)

禍転じて福となす(わざわいてんじてふくとなす)

まが(訓読み)

禍々(まがまが)しい

禍事 (まがごと)

コロナ禍の意味

「か」と読む場合の言葉に

「交通禍(こうつうか)」というものがあるので、

コロナによる思いがけない災難や不幸という意味で「コロナ禍(か)」

と読むのが正しいと言えるのではないでしょうか。

新型コロナ渦(か)(うず)という表記も見かける

コロナ「禍」の他にコロナ「渦」と表記されている場合も見かけますが、

どちらが正しいのでしょうか?

「渦」の読み方

訓読みで「うず」

勢いよく流れる水(液体)の表面にできる、螺旋(らせん)状に巻き込んだ流れ。また、それに形が似たもの。

音読みで「か」

水がうずをまいて流れる。また、うずをまいている形。うずまき。うず。

「渦中・渦水・渦紋・戦渦」というように使われていますね。

今回のニュースの「コロナ渦」も「コロナうず」と読むのはちょっと不自然な感じがしますので

「コロナか」と読むと考えられます。

意味合い的には「禍」を使うのが適当だと思いますが、

これだけの感染拡大の様子はまるで渦に飲まれているようですから、

ある意味「渦」でもいいような気もします。

まとめ

新型コロナウィルス関連のニュースででよく見かける「コロナ禍」という文字を

何と読んだらいいのかがわからなかったので、辞典などで調べてみました。

初めて「禍」という漢字を知りましたが

「禍」という漢字には思いがけない不幸という意味合いがあり、新型コロナウイルスによる

思いがけない不幸、災難という意味合いを持つのが「コロナ禍」という表現であり、

「コロナか」と読むと考えられます。

たまに「渦」という文字を使って「コロナ渦」という表記をされているものも見かけますが、

こちらも同様に「コロナか」と読みます。

まちゃ
まちゃ

どちらにせよ、早くこのコロナによる思いがけない災難から抜け出して、通常の生活が送ることが出来るように願うばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました