テールゲートLEDテープ DIY ピックアップトラックやハイラックスカスタムに最適

後ろ姿が寂しいので今日はテールゲート下にLEDテープを貼ってみました!

ブレーキ連動で、バックランプにも連動できる商品です。

コネクターがアメリカのコネクターなので使えません。カットしました。

点灯確認をすると上から

左ウインカー

右ウインカー

ポジション

アース

でした。

ウインカーはアメリカの赤点滅なので今回はウインカーは連動させない事にします。

バックランプの配線もあるのですが、バックも連動しないようにしたいのでカットしました。

まずはテープを車体に貼り付けます。

配線を隠して車体下に引きます。

さて、問題の結線です。

まずはアース(マイナス)から。

アース線を短くカットしてから、ボディーアースします。

クワガタ端子を付けて取付。

テールランプから配線を引いてもいいのですが、 牽引カプラーがついているので今回はここから引きたいと思います。

4番の制御灯と6番の尾灯を分岐させて連動させたいと思います。

分岐ですが、結線不良が嫌なのでこんな物を作成しました。

エーモン工業からも分岐線は販売されていますが、作っても簡単ですからね👍

まずは制御灯から…

要はブレーキを踏んだ時に点灯する配線です。

冒頭でもいいましたが、アメリカはウインカーが赤点滅なので、点滅機能は使いません。

どの様に結線するかと言うと、単純に左右のウインカー配線を結合させるだけ!

ギボシを付けて4番と結線します。

尾灯は6番と結線。

こんな感じですね!

後は点灯確認です!

自己満ですが、いい感じだと思います!

配線間違いは無さそうなので配線を養生していきます。

綺麗にまとめて完成〜😎👍

作業時間2時間位かかりましたが大満足✨✨

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。