姫路セントラルパークのサファリでトラブル?事前に調べておけばよかった事

春休みに入り、子供達をどこにも連れていってなかったので姫路セントラルパークに連れて行きました‼️

姫路セントラルパークとは通称「姫セン」と呼ばれ、兵庫県姫路市にあるサファリパーク形式の動物園と遊園地が合体した施設で子供も大人も楽しめる場所なのです。

サファリパークは自家用車で園内を散策出来るドライブスルー方式なので、人目を気にする事なく楽しめます。

いざドライブスルーサファリへ‼️

姫路セントラルパークドライブスルーサファリの受付で・・・

早速ゲートで受付をします。

係員『こんにちはー すみません。お車の確認をさせて下さい!』

『後の荷台のカバーですが、鉄板は入っていますか?』

私『入ってないですが…』

係員『鉄板が入ってない場合は入場出来ません。』

私『えっ⁇ なら蓋開けたら鉄板ですが、それなら?』

係員『そもそもトラックが駄目なんです』

私『マジですか…了解しました…😑』

ルールはルールですもんね。

タンドラでドライブスルーサファリパークに入場できなかった理由

トラックではドライブスルーサファリに入場できない・・・

そんな事注意書きに書いてあったかな?とサイトを見てみると書いてますね😅

ピックアップトラックでサファリパークには行っちゃいけない

注意事項 6.番目に書いてありました。

オープンカー及びトラックでの入庫禁止

らしいです😑 知らなかったー。

今まで何度もセントラルパークのサファリに入場したことはあるのですが

トラックではなかったので普通に入場できていたんです。

トラックではサファリに入場できないという考えがまったくありませんでした。

姫路セントラルパークのサファリは自家用車で通過できるところは、草食動物エリアだけではなく、肉食動物エリアにもいけちゃうんです。

猛獣ゾーンでは百獣の王ライオンをはじめ、チーターやトラなどにも出会うことができます。

ここの猛獣ゾーンの動物たち。見た目は迫力ありますが、おとなしいので今までに飛びかかられたり、車の上に乗ってこられたりということはありません。

だけど、いつこれら動物たちの野生の本能が目覚めちゃって トラックの荷台に飛び乗られたりでもしたら・・・

車に損傷でもあれば・・・

パーク側は責任問題になりますもんね。

そして

荷台のカバーをあけておいたとして、移動中に動物が飛び乗っていたとしたら・・・

こちらもそれに気が付かずに進行していったら・・・

それもまたまた大問題・・汗

こんなことにでもなったらコワイですしねー

でもでも・・・折角きたんだからドライブスルーサファリ行きたかったなぁ…😭

サファリに入場できなかったのでウォーキングサファリを満喫

折角こどもたちを楽しませるために姫路セントラルパークにきたのに

ドライブスルーサファリを体験することができず、残念でした。

まー姫路セントラルパークは駐車場に車を停めて

園内も散策出来るので十分楽しめるのでいいのですが…

しかも追加料金を支払えばサファリバスなどもあるので何とかなります。


今回はウォーキングサファリのエリアのみ楽しみました。

「ウォーキングサファリ」は、自然に近い緑あふれるコースを自由に歩きながら、動物と触れ合うことのできるサファリです。

インコやフラミンゴ、クジャク、ペリカンや犬、うさぎ、カピバラなど小動物を近くでみることができるし、触れることが可能な動物もいるのです。


きりんにエサをやることもできます。

入場できなかったドライブサファリを上から見下ろすこともできます。

姫路セントラルパークのサファリで有名なのがホワイトタイガーとホワイトライオンです。

どちらも日本で飼育されている数が少ない貴重な動物なんです。


こどもたちも満足してくれて、その後は遊園地に移動して乗り物を楽しんで帰宅しました。

まとめ

最近トラック人気も出てきてトラック所有率も高くなってきていますが、ここ注意ですね。

トラックやオープンカー所有の方は事前調べをよくしてからサファリパークに行く事をお勧めします😅👍

他のサファリパークでも同様の注意書きありそうですから

トラックやオープンカーを所持されているかたは

サファリパークに行く場合は事前に、自分の乗り入れる車の形状がサファリパーク巡回するのに適しているかどうかを確認していくことをおススメしますー!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。