ノルディスク アルフェイム19.6を買ってみた

キャンプ
Processed with MOLDIV

ノルディスク アルフェイム 19.6 購入に至るまで

キャンプを初めてからはコールマンで統一しようとコツコツ揃えていった。

 

それから何年か経つと、スノーピークが欲しくなる。

でも高いので良いなぁと思いながら早数年経過。

世の中、キャンプブーム?

キャンプ場に行くとスノーピークのテントが増え出す。

見慣れてしまった… 何かいいテントないかなぁと思案していた所、

あるキャンプ場で見た事無いオシャレなテントを発見!

 

真っ白い幕にクマのプリント。

美し過ぎる形状に脱帽。

何て言うんだろ…早速検索…

「白いテント クマ ロゴ」

「ん?ノルディスク?…」 みたいな感じだったと思います。 懐かしい。

もう4年位前ですかね。

そして遂に買っちゃったんですよね😎👍

 

ノルディスクとは?

 

ノルディスクとは、北欧を意味する「NORDISK」をそのままブランド名に冠した老舗アウトドアブランド。

生地は保温性と透湿性に優れたコットン素材に、耐水性のあるポリエステルを混紡した「テクニカルコットン」を使用している。

だから結露にも火の粉にも強いらしい!

 

アルフェイムかアスガルドどっちがいいの?

よく悩まれている皆さんが比較されているのがアルフェイム かアスガルドではないでしょうか?

フロアサイズは共に約5m。

どっちがいいのか迷います。

 

高級なテントなので失敗は出来ません。

 

直営店もあるようだが遠方の為、見て触ってというのが出来ず。

 

私の悩みを挙げてみます。

①室内空間広々そうなアスガルドにするか。

②サイズ… 12.6か、19.6。

③換気効率

④デザイン

 

1番はデザインかなぁ…

 

ノルディスク アルフェイム19.6 を選んだ理由

 

結局、アルフェイム にした!

サイズは19.6。

 

選定理由

①値段。

アスガルドに比べて数万円安い!

(妥協ではありませんよ😅)

 

②アルフェイム の方がペグダウンした時の直径が小さくて済むのでオートキャンプ場でも使えそうである。

一般的企画サイトは7m×10m位でしょうか。

 

アルフェイム のフロアが直径5m。

両サイドにロープを張ると最低でも7mは必要である。

 

私の普段お世話になっているサイトも十分対応出来る。

 

③三角形が美しい

夜も幻想的で何とも言えない美しさ。

 

④ペグ数は多いが建てやすさでは定評がある。

 

以上より私はアルフェイム を選定した。

 

私が購入したアスガルドより安いアルフェイム 。

気になるお値段は下記写真をクリックしてね!

 

 

次回は実際に建ててみるよー!

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました