子供

入学式や卒業式でコサージュを付ける位置と向きは?

子供の卒園式、入学式にはスーツを着用して出席したのですが、

その時に疑問に思ったのが、コサージュについて。

 

  • コサージュって卒業式に着けていっていいのか?
  • コサージュを付けるお花の向きに決まりはあるのか?
  • コサージュに茎がある場合の向きはどうしたらいい?
  • ノーカラーのジャケットの場合はどこにコサージュを付ける?

 

について調べてみました。

 

[ad]

卒業式ではコサージュを付けないほうが良い?つけても大丈夫です。

卒業式にはコサージュなしの方がいいのかな?

と思っていたママ友さんがいらっしゃいました。

初めてのお子さんの場合、卒園式に他の人がどんな服装で出席しているのか

わからなくて不安になる方もいらっしゃるみたいですね。

 

私たちが出席した卒業式では

着物以外の方は皆さんコサージュを付けていらっしゃいましたよ。

 

妻は入学式は華やかなコサージュ、卒業式は厳かな印象の式ですので、

地味目なコサージュと使い分けていました。

コサージュによってスーツの雰囲気も変わりますし、良いアクセントになりますよね。

 

 

 

 

まちゃ
まちゃ

近年ですとコサージュの代わりにブローチをつけていらっしゃる方も見かけますね。

 

コサージュをつける位置と向きや茎がある場合はどうしたらよい?

 

そんなコサージュですが

いざスーツに付けようと思った時に、

「あれ? どこにつけたらいいんだっけ?」と迷われた事はありませんか?

 

コサージュを付ける位置や向きについて調べてみました。

コサージュはどこに付けるのが正しいの?決まりはないそうです。

 

コサージュを付ける位置というのは実はマナーとして決まっていないそうです!!

知りませんでした!!

 

ですが、キレイに見えるという観点からだと
左側の鎖骨辺りの位置につけるのが一般的です。

 

コサージュを襟付きのジャケットに着ける場合

 

テーラードスーツを着用する場合、コサージュは襟に付けます。
高さは同じく鎖骨の高さです。

 

 

コサージュをノーカラージャケットに着ける場合

ノーカラージャケットの場合は身頃(体の前面の生地部分)に付けます。

 

 

 

 

 

茎があるコサージュの向きは茎が上下どっち?→ 決まりはない

 

お花だけのコサージュもありますが、茎が付いているコサージュもありますね。

 

お花だけのコサージュでしたら、スーツとのバランスだけをみて付けてしまえば問題ないかと思います。

問題は茎がある場合。

茎が付いている場合はどういう方向に付けたらよいのか迷ってしまいますね。

 

 

これも決まりごとはないそうです。

通常は花が下、茎が上です。

茎を軽く曲げ、体の上の外側に向けて少し斜めに付けると良いと思います。

 

 

 

まちゃ
まちゃ

後ろにピンがついていると思いますが、それに合わせて付けるキレイな向きに身につけられると思いますよ。

コサージュがグラグラしないように多めに生地をすくいましょう。

 

 

 

コサージュと合わせて身につけるアクセサリーは

 

コサージュをつける位置の疑問は解決しましたが、

コサージュと合わせるアクセサリーはどうしたらよいか?

という疑問もでてきました。

これも今まで出席した式で他のお母さま方を拝見していると

基本的にはコサージュとパールのネックレスが無難だと思います。

 

 

卒業式や入学式などは 主役はこどもですから

母親が華美になりすぎるのは マナー違反とも言われています。

アクセサリーをごちゃごちゃと身につけていらっしゃる方も見かけることはありますが、

コサージュ、ネックレス位で十分ではないでしょうか?

 

[ad]

まとめ

 

  • 卒業式にコサージュを付けても良いのか
  • コサージュを付ける位置は?
  • コサージュに茎がある場合は?

 

疑問を調べてみました。

コサージュを付ける位置も向きも、マナーとしての決まりはないという事です。

 

コサージュを付ける位置によって印象が変わります。服を着て鏡を見ながら付ける位置、高さ、向きを色々試してみて決めてみてはいかがでしょうか?

 

また、付ける位置に不安でしたら、会場に到着してから

周りの方の付け方を見て付けても良いかと思います。

 

 

まちゃ
まちゃ

実際、私の妻ははいつもこうしていたので、正式にはどうやってつけたらいいのかわからなかったそうです(笑)

 

 

 

アクセサリーについても、あまりにじゃらじゃらつけてしまうと

かえっておかしくなってしまうので、適度に身に着けることをお勧めします。

卒入園入学は主役は子供たちですから、あまり親が華美になりすぎないように気をつけましょう。

-子供