30日間無料!6500万曲以上聴き放題♪ Amazon music unlimited
随時更新中!子育てパパ&ママに役立つお得な情報【まとめ】

子育て中のパパ&ママにおすすめしたい、お得な情報をまとめています。随時更新しているのでチェックしてみてくださいね。

実際に試してみて良かったものばかりです。

随時更新中!おススメお得情報を見てみる ▶
スポンサーリンク

70度のお湯を温度計無しで作る方法と水温を保つ方法をご紹介します。

70度のお湯作り方 保つ方法料理

料理やミルクを調乳するときに必要な70度のお湯を温度計を使わずに作る方法
ご紹介します。

 

温泉卵や、ローストビーフなどの料理では70度のお湯を使う場合があります。

また、自家製のお豆腐を作る場合は、豆乳が凝固してくる温度が70~75度くらいなので

70度のお湯が必要になってきますね。

スポンサーリンク

70度のお湯を温度計なしで作るには

 

お湯の温度を温度計なしで作る方法で一番簡単なのは、
熱いお湯に水を足していって、
温度を下げることで、適温にする方法です。

元のお湯の温度や、加える水の温度、
季節や室温も考慮しなければいけませんので、70度ちょうどのお湯を
作ることは難しいですが、近い温度のお湯を作ることはできます。

 

とっても簡単ですので是非やってみてください。

 

沸騰した1リットルの水(お湯)にカップ1の水を混ぜると約70℃になります。

 

季節によってばらつきはありますが、水道から出る水の温度が大体20度として

考えています。

 

計算上では

1000cc×100度=熱量100000
500cc×20度=熱量10000
熱量100000+熱量10000=熱量110000
熱量110000÷1500cc=73.3333度です。

 

沢山の量を必要とするならば、倍数をかけて作ってみてください。

 

例)70度のお湯が5リットル必要なのであれば、5リットルの水を沸騰させて
5カップの水を混ぜる

 

 

70度の水温を見た目で判断する

水を入れたやかんや鍋から小さな泡が立ち始めるのが大体60度です。

水温60度

60度の泡の状態からさらに出てくる泡が増えた状態が70度と判断します。

 

 

まちゃ
まちゃ

しかし、お湯の温度を見た目で判断するのは、少し難しいかもしれません。

70度のお湯を保つには

70度のお湯を作ったのはいいけれど、その温度を保たないといけない場合がありますよね。

保温できる容器があればよいのですが、ない場合はどうしたらいいのでしょうか。

 

季節や室温によりますが、冬場は70度のお湯を作っても寒いため、すぐに温度が下がってきてしまいます。逆に夏場は冷めにくいですよね。

 

水温70度を保つ時間も関係してきますが、

触ってみて、触れる温度にまで下がってしまったら、およそ50度くらいまで

下がってしまっているので、その場合は沸騰したお湯を同量足してください。

 

2つの温度のお湯の量が同じであれば、平均値である(5+100)/2=75

75度のお湯になります。

 

まとめ

 

様々な場面で必要になってくる70度のお湯の作り方と、水温を保ちたい場合の方法について

ご紹介しました。

 

是非参考にしてみてください。

 

60度のお湯の場合はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました