湯煎の60度ってどのくらい?温度計がなくても水温60度の判断方法と作り方

湯煎60度 料理

 

初めて子供と一緒にチョコレートづくりをしたときに

テンパリングという言葉を知りました。

 

湯煎をしてチョコレートを溶かすのですが、

温度計がない場合、60度ってどのくらいなのかわかりませんよね。

 

参照

温度計がなくてもチョコレートのテンパリングをやってみた

チョコレートのテンパリングを温度計なしでやる方法♪チョコが固まらない原因と対策
妻からのミッションで子供たちのバレンタイン友チョコづくりを一緒にやってあげてと言われ、 買ってあった材料で娘たちと友チョコづくりをしました。 テンパリングとは何ぞや?友チョコづくりでテンパる チョコレートの裏側に作...

 

湯煎をする機会もバレンタインくらいですかね。

普段の料理で温度計を使う機会が少ないので

我が家にはありません。

 

温度計がなくても大体60度の湯煎をする方法はないのでしょうか?

 

温度計がなくてもお湯の温度を測る方法

 

見た目で水温60度を判断する

 

60℃のお湯は、沸騰しはじめて泡が立ち始めた頃だそうなので

お鍋にお湯をはって小さな泡が立つのを確認して大体60度だと判断できますね。

 

水温60度

 

触って水温60度を判断する

 

目安は風呂の温度=40度とします。

そこから、
50度=風呂よりも熱いが触りつづけることができる。
60度=かなり熱いが、しばらくは触っていられる。
70度=ほとんど触りつづけられない。

と判断できます。

 

 

 

まちゃ
まちゃ

水温60度は何とか手が入れられるぐらいの温度ということですね。

 

 

水温を60度のお湯を作る方法

 

沸騰したお湯に水道水(10~18℃)を同量より少し少な目に混ぜると、

55℃~60℃の温度帯のお湯ができあがるそうです。

 

 

まとめ

 

湯煎をするときの60度、温度計がなくても調べる方法、作る方法は

 

水を火にかけて沸騰する前の泡が小さな段階の時

触って何とか触れていられるくらい温度

沸騰させてそこに同量より少し少な目の水を入れた時の温度帯

 

これらが水温60度を作る方法、判断する方法です。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました