外壁塗装アトモス 亀裂補修経過③ イーリモデルさんしっかりしてくれ!

前回亀裂補修経過②を書いたのが2019.1.26。

あれから施工担当の方に電話をしまして、職人さんの都合もあるので調整しますとの事で待つ事1カ月…

なんの連絡もないので1カ月後の2/26に再び施工担当者に電話。

私『お世話になります。その後連絡ないですが、どうなってます?』

担当『えっ…  …  あっすみません。職人さんと現地を見に行かせて頂きます!』

私『前も見たじゃないですか。いいから早くやって下さい。』

担当『わかりました。申し訳ありません。』

こりゃ絶対忘れてたんやろな。

Eリモデルさん、営業と施工と担当をキッチリ分けるのはいいけど、しっかり対応して頂きたいですね。

先程のやりとりから既に3週間が経とうとしています。

なんの連絡もなし😤

少々我慢も限界なので、Eリモデルお客様相談室に電話しました。

状況を説明した所、何故連絡が無いのか至急調べて連絡してくれるとの事。

ホントにもっと早い対応をお願いします!

補修から3カ月。

更に亀裂は大きくなりました。

心配です😑

また状況変わりましたら書いてみます!

———————————————————————————-

今回の我が家の外壁塗装で学んだことは、

すぐに契約するのはやめて

外壁の塗装見積りを取り、色んな会社の比較

塗料の比較をし、施工担当者と話して、納得の上で契約するのがBEST‼️

我が家は営業マンが来て、すぐに外壁塗装の契約をしてしまいましたが、

これから外壁塗装を検討されている方は

是非他社でも見積もりを取った上で検討されることをおススメします。

こちら無料で一括見積できるサイトです。

外壁塗装の一括見つもりなら外壁塗装の案内所

こちらのサイトは厳しい審査基準をクリアして加盟した塗装業者で

更にユーザーからの評価で審査をクリアした優良業者のみが加盟しているので高品質

また一括見積もりで適正価格内で利益を落として価格競争するので

納得の価格と施工内容です。

施工者の直筆のアンケートや自宅の施工事例が多く掲載されているので

参考になると思いますよ。

外壁塗装の一括見積【全国見積もりサポート協会】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ペンキ屋さん より:

    ブログ拝見しました。
    以前、下請けの施工していました。
    すべてのページを見てませんが、大変そうですね💦
    目地上クラックはかなりのクレームを聞きます。
    帰ってPCで見てみます!
    補修方法まどアドバイスできるかもしれません(^o^)

    • baddady より:

      ペンキ屋さんさん

      初めまして! そうなんですよ〜!かなり苦戦しております。まだ会社が今のところみてくれているのでいいですが… どうなるのやら心配です。 専門家ではないので助かります😍

  2. ペンキ屋さん より:

    工程やインターバル(乾燥時間)を見ても施工は問題ないようです。
    通常、シーリングが乾燥しきれていないまま次の工程にいったことの原因がほとんどですが2~3日は開けてますし・・・。
    仕上がりもきれいと思いました。
    おそらく一番の理由は「材料の微弾性機能がない」のが原因かと。
    微弾性として説明はあるようですが、その機能は弱い!
    少しでも伸びればクラックは入りにくいのですが・・・。

    10年未満の築浅木造の場合、建物が動きやすいのも原因かもしれません。

    ※クラックよりも心配なのは材料の30年の耐久性です。
    某動画サイトで「セラミック塗装」を検索してみてください。
    悲惨~、0120~、塗装後10年~、大阪市~、数十年の~など

    5年過ぎには色アセ、8年すぎにはパサパサが出てくるかもしれません。
    表面保護のクリアーはシリコンクリアーです。
    色あせをする前にクリアー塗装をおすすめ致します。
    色あせ・・・自然石のため色あせしにくいのですが、石ではなく石と石をつなぐ樹脂の劣化で白くなります。

    • baddady より:

      専門的なご意見ありがとうございます。

      勉強になりますね…

      シリコンについては施工の翌日に本塗装をしております。

      補修についても同じですね。

      耐久性… 確かに30年は保つとは思いませんが、なんせ歴史がないようで💦

      どうなる事やら。

      プロの方からしたら、一般的な塗料を10年毎に塗るのが一番オススメって事になるのでしょうか?

      • ペンキ屋さん より:

        塗料によって耐久年数の目安があります。
        シリコン塗料  10年
        ラジカル塗料  13年
        フッ素塗料   20年
        無機塗料    25年以上

        フッ素塗料や無機塗料で塗り替えサイクルを延ばすとコスパがいいと言われています。
        ですが、耐久年数の20年になる前にどこか不具合が出て来ると思います。

        ※不具合例:シーリングなど
        (サイディングにはシーリングが使用され、高耐候性型イクシードでも15年前後です。シーリングの上に塗装するので長持ちしますが、紫外線劣化に関してのみの見解で、熱劣化などに関しては表面塗膜に関係なく劣化します。
        高耐候性の15年耐久シーリングが30年に延びることはありえませんので、20年後にシーリングに隙間が出来てしまってはせっかくの無機塗料が無駄になります。)

        15年で塗り替えが必要になった際、いい材料を使ってもロスが出てきます。

        ですので、「ラジカル制御型塗料」が一番オススメです。
        シリコンとラジカルでは、そんなに金額差はありませんし!

        営業マンの歩合、利益を優先する会社はフッ素、無機をおすすめしてくる傾向があるようです。

        参考程度に・・・(^o^)

        • baddady より:

          いやあ〜 ペンキ屋さん とお話してから決めたかったですね😅 素人は分かんないですもんね…。
          私の体験談を読んで頂いてる方も直接ペンキ屋さんに頼みたいと思ってる事でしょう。

          貴重なお話ありがとう御座います!

          10年後なのか、15年後なのかわかりませんが、ラジカル制御型塗料…各社から見積もり取ってみます!

          もし、ペンキ屋さんがいいよ!って事でしたら、これまでのご意見を参考に、一記事にしてもいいでしょうか?

          結構悩まれてる型がいるみたいなので有難いと思います!

          マズイ場合はもちろんやめときますが😅👍

          • ペンキ屋さん より:

            こんばんわ!
            どうぞ記事にしてください!
            しかし、いろいろな意見がありますので、ほんとに参考程度に!

            ちなみに・・・
            シーリング上のクラックは、シーリングの伸び率と材料の伸び率が違うからクラックが入ると思われます。
            (材料が硬すぎるんです汗)
            新記事でシーリングがアイボリー系を充填していますが、材料色のグレーがよかったのでは?と思いました。
            しかし、シーリングの色が違うとクラックが入ったときにわかりやすいので、発見次第、即対応してもらったほうがいいかもです。
            また、シーリングは硬化まで3日くらいかかります。
            シーリング充填後、翌日には吹付けしてますので、クラックが入りやすい状況かなとも思いました。
            次回、クラックが入った場合は、1週間程インターバルをとってからの吹付けをおすすめ致しますm(_ _)m

          • baddady より:

            アイボリー… 気になって聞いたら、白は準備してなかったと…😵 上から塗るからわからなくなると言われ…💦 確かにそうだけどよ…って感じですね。
            また時間みて書かせて頂きます!貴重なご意見ありがとう御座いました✨✨